【ニカラグア】エル・ポルヴェニール - 200g
5e8fb6ec9df16312d1ba856f 5e8fb6ec9df16312d1ba856f 5e8fb6ec9df16312d1ba856f 5e8fb6ec9df16312d1ba856f

【ニカラグア】エル・ポルヴェニール - 200g

¥1,510 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉(中挽き:ペーパーフィルター)

※コーヒー200gのみをご購入の場合、コーヒー100g×2をクリックポスト発送のほうが合計金額が安くなります。 200g販売のコーヒーは割引していますが、厚みがあるため宅急便コンパクト発送になり、コーヒー100g×2をクリックポスト発送より合計金額が高くなります。 _ オーナーのセルヒオ氏は、創意工夫を以てコーヒー生産に情熱を傾ける非常に魅力的な生産者です。彼はCOEを数々受賞した父親からカサブランカ農園と共にこのエル・ポルベニール農園を受け継ぎ、コーヒーの生産に従事しました。 しかし、エル・ポルベニール農園は、トトガルパのドライミルから最も遠いホンジュラスとの国境線にあり、セルヒオ氏が受け継いだ時、道路やインフラも整っておらず、民家さえ無い、ほぼ手つかずの状態で初年度のコーヒー生産量は150KGにも満たなかったと言います。その後、小屋を改修し、農園を少しずつ整備し直しながら、5年後には1600kgほどのコーヒーを生産できるまでに復興させました。 そうした復興の中で、彼は新たな農地開拓も行い、いくつかの新しい品種を植え、土壌との適性を見ながら大切に育ててきました。何年か検証を重ねた結果、エル・ポルベニール農園の気候や土壌との適性が良く2014年から生産を開始したのがこのジャバニカ種でした。 彼はこの苗木を育てるために、農地を開拓しながらシェードツリーも生長するコーヒーノキのサイズに合わせて都度カットバックを施しています。これは木が小さいうちには地面からの地熱の影響を受けやすく、シェードツリーが多いと地熱を逃がさずに木がダメージを受ける為で、木が十分に成長するまで定期的にこの作業を繰り返しながら特別な環境を作り育てていきました。 そうして何年もかけて育てたジャバニカ種は、均整のとれた美しいチェリーが実り、フレッシュでフローラルなフレーバーを兼ね備えたエル・ポルベニール農園の代名詞と呼ぶにふさわしいコーヒーになりました。 セルヒオ氏のコーヒーと言えばファーメンテーションなどを活かした独自の生産処理に目が行きがちですが、彼自身のポリシーである『Make your own book』という言葉には、その農園・環境・品種ごとの育て方・収穫のタイミング・気候条件などコーヒーを生産する全ての事が含まれています。品種1つ取ってもビジャサルチやイエローブルボンやトパージオなど根付かずに失敗を重ねる事もあったそうです。そうした中で、自信を持って生産しているエル・ポルベニール農園のジャバニカは、まさにEl Porvenir = 未来を照らすシンボルのようなコーヒーです。 ニカラグアではサンホセ農園のジャバニカ種が爽やかな華やかさを持つ印象で個人的に結構好きです。(只今生豆の入荷が無く、販売していません。) こちらの豆はジャバニカですがナチュラルです。ウォッシュドのような明るさはないのですが、最初に味噌のような風味があり、飲み進めて行くと程よい酸味も感じられてクセになります。 地域:ヌエバセゴビア県サンフェルナンド 農園:エル・ポルヴェニール農園 標高:1185〜1390m 品種:ジャバニカ 精製方法:ナチュラル 風味:フローラル、ピーチ、オレンジピール 焙煎:中煎り BRÜCKE 東京都足立区小台2-17-11 https://odaibrucke.org/ コーヒー豆は密封で保存し、なるべく早くお召し上がりください。 おいしい期間:焙煎から約1ヶ月