【インド】モンスーンマラバール - 200g
5e84040d2a9a420cf8658108 5e84040d2a9a420cf8658108 5e84040d2a9a420cf8658108

【インド】モンスーンマラバール - 200g

¥1,500 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉(中挽き:ペーパーフィルター)

※コーヒー200gのみをご購入の場合、コーヒー100g×2をクリックポスト発送のほうが合計金額が安くなります。 200g販売のコーヒーは割引していますが、厚みがあるため宅急便コンパクト発送になり、コーヒー100g×2をクリックポスト発送より合計金額が高くなります。 _ まだ帆船の時代、コーヒーをインドからヨーロッパの港まで輸送するのに約半年かかりました。この長い航海中に船倉に保管されたコーヒー豆は湿気で緑色から黄金に変わり、独特の香味を持つようになりました。そして多数の国で、このコーヒーを見るとインドを想起するようになったといいます。 時は帆船の時代から蒸気船の時代に変わり、スエズ運河が開通するとインドからヨーロッパまでの航海日数は大幅に短縮され、このコーヒーは姿を消しました。しかしインドコーヒーの独特の香味を懐かしみ、黄金色のコーヒーを求める声は日増しに大きくなりました。 インドはこの要望に応えるために5〜6月に吹く南西のモンスーン(貿易風)を利用したモンスーン・コーヒーの生産を始めました。 コーヒーを風通しの良い倉庫で4〜6インチの厚みで広げ、4〜6日乾燥させます。そして周囲の湿気にコーヒーが均等に晒されるように時々かき混ぜます。その後、袋に詰めて幾つもの列に並べます。列と列の間は充分に広げてモンスーンがコーヒーの列の間を絶え間なく均一に吹き抜けるようにし、週に1度くらいの割合で、コーヒーを袋から出して詰め替え、あるいは袋の列を並び替えます。こうして6〜7週間経つとコーヒーは黄金色に変わり、独特の香味を持つ完全に「モンスーン化」したコーヒーになります。コーヒーはその後、船積みのために精製加工されます。こうして出来た「モンスーン(貿易風)コーヒー」は独特の風味を持ち、欧米では多数の国で愛飲されています。 中深煎りですが後味がスッキリとして飲みやすいので、アイスコーヒーにもおすすめです。 地域:インド西南 標高:1350〜1450m 品種:アラビカ種 精製方法:モンスーン 風味:ナッツ、カカオ、ハーバル 焙煎:深煎り BRÜCKE 東京都足立区小台2-17-11 https://odaibrucke.org/ コーヒー豆は密封で保存し、なるべく早くお召し上がりください。 おいしい期間:焙煎から約1ヶ月